2006.3県議会質問レポート②国立公園「雲仙」の観光施設の整備が進んだ、施設を活用し実践すべき!

3月県議会で、野本は観光行政について、全県的に展開するイベントとして“長崎中国年”開催を要望するほか、雲仙の振興に対する県の対応強化策を尋ねました。今回は、「雲仙」関連部分をご紹介します。 野本質問: 本県には、「雲仙天草」と「西海」の二つの国立公園があることは周知の通りでありますが、今回は、国立公園第1号の「雲仙」に的をしぼってお尋ねいたします。 雲仙は、昭和2年に日本新八景…

続きを読む

3月県議会の野本三雄の一般質問から 「景観を重視したまちづくり」に県も力を入れよ!

3月県議会で、野本は8項目を質問しました。 今月の『野本のお約束』のページで、その8つの項目を掲載しております。 『県政研究』では、その中からピックアップした内容を、今後、一つずつご紹介します。 野本質問 最近の長崎市内を眺めると長崎市らしい景観・風情がなくなりつつあり危惧をいたしております。 特に歴史的建造物、例えば寺、神社、教会、洋館群などの周辺や新しくできた長崎歴史文化博物館…

続きを読む

野本三雄一問一答 新長崎漁港に欲しい“お魚ドーム”ってどんなものですか?

県議会の傍聴席で野本議員の質問を聞きました。質問項目は財政問題など多岐にわたりましたが、それに関連していくつかのことをお聞きします。 新長崎漁港の衛生面の機能充実を要望する再質問で“お魚ドーム”が出来ないかと質問されましたが、それはどんなものですか? 魚市場の売場施設を密封型にして空調設備で定温管理し、殺菌海水を使い安全安心の高鮮度の魚処理ができる施設を“お魚ドーム”と魚市関係者は言…

続きを読む

平成18年3月県議会 野本三雄の本会議質問事項(3月13日)

平成18年3月県議会 野本三雄の本会議質問事項(3月13日)は以下の通りです。 1.平成18年度当初予算と今後の財政課題(公債費依存体質、公共事業費の削減、人件費の削減) 2.農林行政(全国和牛能力共進大会の誘致、都市と農山漁村の共生・対流) 3.水産行政(長崎魚市場の活性化、調査捕鯨船の長崎県への入港誘致) 4.土木行政(路面電車の北部延伸、国道324号(出島B・P交差点~茂木港)…

続きを読む